干し芋 紹介|小龍屋・和風支店 忍者ブログ

小龍屋・和風支店

和風なものを、好き勝手に紹介するブログです。( ̄∇ ̄) 【 このブログは、アフィリエイトの収益によって、運営されております。 】


管理者&ブログ紹介

ブログ内とWEB検索

復刊リクエスト

復刊ドットコム
というサイトから、
リクエストできます。
是非とも、協力をお願いします。



広告

ちょっと変わった炬燵の
販売サイトです。▼


忍者AdMax

メールフォーム

干し芋 紹介

干し芋を紹介します。
名前の通り、干した芋です。(^◇^)v
子供のころ、よく食べていましたよ。

干し芋とは
さつまいもを蒸して乾燥させた食品。
「甘藷蒸切干」というのが正式名称らしいです。
全然知りませんでしたよ。(;^◇^;)ゝ イヤァ

産業の8割が茨城県らしいです。
これも、知らなかったです。
もっと、分散しているかと思いましたが、
結構、集中しているのですね。

現在の製法が確立されたのは、文政年間の頃らしいです。
さらに、日露戦争で野戦食として活用され、
軍人いもとも呼ばれていたそうです。
昔からあったものだとは思いましたが、
戦時中にも活用されていたとはね。(-_-)ウーム

上記の一部は、干しいもから引用しています。


まずは、茨城県産の干し芋です。

『茨城県産「訳あり」干し芋200g×3個セット(正規品に近い訳あり品)合計600g』(割引サービス対象外)★5000円税別以上送料無料干しイモ サツマイモ 国産 食品 茨城県産「訳あり」干し芋200g×3個セット(正規品に近い訳あり品)合計600g★ポイント

価格:1,944円
(2017/7/6 13:57時点)
感想(1件)


訳あり品らしいです。
芋の種類も、いくつか入っているようです。



続いては、安納芋です。

さつまいも 安納芋 種子島産 干し芋 120g(2袋) 40日以上貯蔵 クリーミーな甘味 本場の味 大人気 贈答 逸品

価格:1,280円
(2017/7/6 13:57時点)
感想(2件)


安納芋は、甘くて惜しいということで、
すごく人気になったと思います。
それの干し芋らしいです。
これは、食べてみたいですね。



最後は、見た目が白いものです。

【国産原料使用】遠州産干し芋いずみ種/丸干し1kg/ほしいも/干しいも/ホシイモ/干し芋

価格:4,298円
(2017/7/6 13:57時点)
感想(1件)


昔からの製法にこだわって、
作っているそうですよ。
ちなみに、白い粉は、
芋自体の糖分が結晶化したものらしいです。



子供のころ、ストーブであぶって食べていました。
なので、冬の印象が強いですね。
今は、昔より、種類も多いようですし、
また食べてみたいですね。(-^口^-)

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

QRコード

更新カレンダー

09 2017年 10月 11
2 3 4 5 6
8 9 10 11 12 13 14
16 17 18 19 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忍者レコメンド

忍者ツールズにある、
忍者レコメンドというものです。
記事をランダムで表示します。

Twitter