寄木細工 紹介|小龍屋・和風支店 忍者ブログ

小龍屋・和風支店

和風なものを、好き勝手に紹介するブログです。( ̄∇ ̄) 【 このブログは、アフィリエイトの収益によって、運営されております。 】


管理者&ブログ紹介

ブログ内とWEB検索

復刊リクエスト

復刊ドットコム
というサイトから、
リクエストできます。
是非とも、協力をお願いします。



広告

ちょっと変わった炬燵の
販売サイトです。▼


忍者AdMax

メールフォーム

寄木細工 紹介

寄木細工を紹介します。
神奈川県箱根の伝統工芸品です。
有名なので、知っている方も
多いのではないでしょうか。

寄木細工とは
様々な種類の木材を組み合わせ、
それぞれの色合いの違いを利用して、
模様を描く木工技術です。

材料には、ホオノキ、ニガキ、サクラ、
ミズキ、タモなどの雑木、
さらに倒木して土に埋まり、
数百年が経過して微妙な色合いがついた
桂などの埋もれ木を使用するそうです。
驚いたのは、地元・箱根山の樹木は、
植林された人工林が多いので、
素材としては適していないそうです。
地元の木が使えないのは、残念な感じがします。

上記の内容の一部は、寄木細工(Wikipedia)から引用してます。



寄木細工は、見た目もいいのですが、
秘密箱やからくり箱と呼ばれる、
ちょっと細工がしてあるものがあります。

ちなみに、秘密箱とからくり箱には違いがあり、
秘密箱は側面の板をスライドさせながら開け、
このスライドの回数によって秘密箱の簡易度が変わるそうです。
一方、からくり箱は、押したり、揺らしたり、開け方そのものが
パズルになっていて、それぞれの商品によって開け方が
まったく違うそうです。w( ̄o ̄)w オオー!
秘密箱とからくり箱については、箱根丸山物産から引用しています。



最初に紹介するのは、標準的な7回であける秘密箱です。

寄木細工 秘密箱7回仕掛け

価格:2,700円
(2017/1/18 13:56時点)
感想(13件)


見た目も普通な感じでいいですよね。
価格もそれほど高くないです。



次は、からくり箱です。

【神奈川県_物産展】箱根 寄木細工 からくり箱 からくりたたき箱

価格:3,900円
(2017/1/18 13:57時点)
感想(0件)


こちらは、たたいて開ける箱のようです。
シンプルながら面白いですね。


最後は、変わったものです。

寄木細工 からくりオルゴール

価格:1,900円
(2017/1/18 13:57時点)
感想(2件)


見た目は普通の箱に見えますが、
オルゴールになっているそうです。
しかも、寝かせると演奏が始まり、
巻鍵を左下にして、立てると止まるそうです。
なんとも、不思議です。



寄木細工だけで、贈り物としてはいいと思いますが、
さらに、遊び心を加えるとより良いのでは。
他にも、探すとたくさん種類がありましたよ。(^◇^)v

拍手[0回]

PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

QRコード

更新カレンダー

06 2017年 07月 08
1
3 5 7 8
9 11 12 13 14 15
16 17 19 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

忍者レコメンド

忍者ツールズにある、
忍者レコメンドというものです。
記事をランダムで表示します。

Twitter